こだわり歴史塾

私が調べた人物の歴史を中心に、歴史の事を書いていきます。

道饗祭(みちあえのまつり)

聖武天皇天平年間に、天然痘が流行し、太宰府管内の西海道から山陰山陽の中国地方を天然痘が東上してきた。

 

これを食い止めるべく、長門国(今の山口県)より東の諸国に道饗祭を執り行っている。

続きを読む

古代日本の感染症は仏教がもたらした?

現在、日本は新型コロナウイルス(COVIDー19)に悩まされ続けている。

この状況は一体いつになったら収まるのか?

 

古代日本も感染症に苦しんだ時代ともいえる。

 

この時代にはウイルスの存在も科学的見解も、ましてワクチンなどない時代である。

 

 

古代日本は大陸の中国や朝鮮の国々と本格的に交流を始める。その中で沢山の渡来技術や文化が流れ込んできた。その中でも重要なものの中に「仏教」がある。

 

続きを読む

官打ちと死の予感

「官打ち」という言葉は今も使われる言葉で、分不相応な官職につけることで相手がそのプレシャーに負けて、命を縮めるという一種の呪いです。

 

後鳥羽上皇源実朝に対して、仕切りに官位を薦め、実朝は権大納言、兼左大将、内大臣と昇進して、27歳にして右大臣へと異例の出世を遂げていった。

 

 

 

後鳥羽上皇南都北嶺に対しても、北条義時を呪詛する事を命じているので、実朝に対して呪いをかけていても不思議は無いでしょう。

 

 

ある時、北条義時大江広元を招いて相談をしました。

「かつて源頼朝は朝廷から官位を与えられるたびに固辞してきた。それは子孫に良い運を残すためだった。それなのに実朝はまだ若いのに昇進が早すぎて心配している。広元に諫めてもらいたい」

広元もそれに賛成して、義時の使者として御所に向かった。

 

広元は実朝に対し、

「子孫繁栄を願って、征夷将軍のみに止め、歳をとってから大将を兼ねてはどうか」

と諫めた。

すると実朝は、

「広元のいうその趣旨には感心したが、源氏の正統は命運を縮めており、子孫が継ぐということはないだろう。それならば飽くまでも官職を頂いて家名を挙げたいのだ」

と言ったので、広元は何も言えずに、義時に報告をしたといいます。

 

すでに自分の命運と、源氏の嫡流の行方を予言したような発言をしています。

 

事実、承久元年(1219)、右大臣任命の儀式で鶴岡八幡宮に赴いた実朝は、兄・頼家の遺児・公暁の手で殺されることになります。

鎌倉3代将軍・源実朝の渡宋計画

治承4年(1180)平氏によって東大寺の大仏殿が焼かれました。

 

しかし翌年すぐに復興が開始され、重源が造営のための勧進(かんじん)を始めた。

 

勧進とは、寺院の修理や建立のために、人々に仏教の教えを説いて、費用の寄付を集めることです。

 

現在の東大寺は戦国時代に焼かれてしまい、この時に復興された大仏も大仏殿も残ってはいないが、南大門や金剛力士像は今も残っています。

 

続きを読む

女人入眼の日本国

「入眼」とは、絵を描いた時に最後の仕上げとして、眼を入れることで、そこから転じて、物事の仕上げ成就意味で使われる言葉です。

 

つまり「女人入眼の日本国」とは、「日本国の仕上げるのは女性ですよ」、という言葉で、これは慈円の『愚管抄に出てきます。

 

慈円天台宗の僧で、仏教界のトップといてもいい天台座主に就任しました。そして歴史書愚管抄』を書いた当時の歴史家、思想家としても最高峰の人間でした。

 

続きを読む

女性が強かった時代

平安末期〜鎌倉時代は女性が政治・軍事の世界で活躍した時代でありました。

 

平安末の待賢門院璋子、美福門院得子、祇園女御

源平合戦期の巴御前、板額(はんがく)。

鎌倉時代丹後局(高階栄子)、北条政子、藤原兼子。

 

この女性たちはあくまでほんの一部で、歴史書に名前を残す女性は他にも沢山います。

 

 

続きを読む

頼朝の乳母たち

源頼朝には複数の乳人がいたことがわかっています。

 

比企尼寒河尼、山内尼、三善康信の伯母にあたる女性の4人です。ただ三善康信の伯母は前の4人の誰かと同一人物ではないかとも言われています。

※あと摩々尼という乳母もいたといいますが、あまりはっきりせずに山内尼と同一人物とも言われています。

 

続きを読む